京都寺社巡り 金閣寺・銀閣寺・清水寺

一泊しての京都寺社巡り、2日目は普段は中国人観光客の大混雑で行くのを避けている有名所をまわりました。

特に早起きもせずに普通に開門時間にあわせて移動し、まずは金閣寺へ。
金閣寺はやはり宿泊して大雪のなかで訪問して以来3年振り。

参道、総門あたりは人影はまばらで、閑散とした状態。
受付あたりから普段は行列ができているのですが、数人いるくらいで、金閣を正面にした絶景スポットも数人の観光客がいるだけ。晴天の下、綺麗な金閣を見ることができました。
近年は満員電車状態で喧噪のなかでの見物になるのですが、静かに見ることができました。正直なところ気持ち悪いくらいの静けさでしたが、本来の寺院拝観の姿だと思います。
朱印所も誰もおらず久々に御朱印をいただくことができました。客もまばらな売店は気の毒な状態でしたが。

 

金閣寺を後にして、一旦西本願寺に寄ってから、京都駅経由で市バスで銀閣寺へ。
銀閣寺は御朱印集めを始めた頃以来7年振りの拝観。
お昼頃だったのでさすがに人並みも増えてきましたが、混雑とは程遠い状態。今のように京都観光が大人気となる前はこのような感じだったと思います。

境内に入って、銀閣の正面も数人の観光客がいる程度。
白砂の向月台、銀沙灘越しの銀閣の絶景スポットでも人が入らず撮影することができました。
あとは庭園をのんびりと見てまわりました。
個人的には派手な金閣寺よりも庭園含めて銀閣寺の方が好みの寺院です。

 

7年前と同様に金閣寺・銀閣寺と見開きで御朱印をいただくことができました。

最後にお墓参りとあわせて頻繁に訪問している清水寺へ。
多少西洋人観光客はいましたが、ほとんど日本人ばかりで、さすがに混雑していました。

全く知らずに訪れたのですが、2017年2月から行われていた本堂屋根の檜皮葺き替え工事が昨年末に完了し、本堂を覆っていた素屋根がこの2月下旬に撤去されたばかりでした。
久し振りにすっきりした姿の清水の舞台を拝むことができました。間もなく舞台の改修工事に入るので、この姿も一時的なものになります。

この日は京都観光の代表格を一気に周りましたが、普段は街中も大渋滞なところ、空いた市バスで空いた街を楽々移動して効率的に周ることができました。
新型コロナウイルスの感染で観光地は大被害を受けていますが、久し振りに以前のような雰囲気で寺院を周ることができたのは何よりでした。

カテゴリー: 寺社巡り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です