関西学生アメリカンフットボール試合方式

コロナウイルス感染被害のため今シーズンはトーナメント方式による開催となることが決定されていた関西学生アメリカンフットボールですが、このたび日程が発表されました。
8チームによるトーナメントで、敗者通しの対戦もあり、全チーム3試合するようです。
試合数は激減しましたが、何とか最低限の体裁を保ったように思われます。

また、大学選手権は中止されることになりましたが、甲子園ボウルは以前と同様に東西大学王座決定戦として開催されるようです。
さらに驚いたことにライスボウルの開催も決定されました。

関西学生アメリカンフットボールの試合は今のところ無観客開催の予定ですが、何とか決勝戦や甲子園ボウルは観客を入れて開催してほしいものです。

カテゴリー: スポーツ観戦 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です