京都寺社巡り 南禅寺

年末なので今年最後の墓参りに行き、あわせて寺社巡りをしました。
今年はコロナ禍もあって有名所を周ることが多かったのですが、そういえばと思いついて南禅寺に行ってきました。2013年夏以来の再訪です。

前回と同じく市バスの宮ノ前町停を下車して歩いていき、永観堂の前を通って広い境内に。
三門の横を通り過ぎて法堂を参拝し、方丈と庭園を見て周りました。

 

方丈は国宝で、前の庭が小堀遠州作と伝わる枯山水の庭園です。私は比較的見学した寺社は覚えている方なのですが。ここはあまり記憶にありませんでした。

 

続いて水路閣を通り抜けて塔頭の最勝院へ。
ここは前回訪問していなかった塔頭で、境内に入っていくとこじんまりした寺院で、他の塔頭ではなかった御朱印も頂くことができました。

この後は南禅院へ。
庭園は夢想国師作と伝わる池泉回遊式庭園で、周囲が深い樹林で囲まれています。

 

続いて天授庵へ。
石畳のある枯山水庭園と池泉回遊式庭園と全く趣の異なる庭園が広がっています。

 

最後に金地院を訪問したところ、少し時間前でしたが拝観終了とのことで、これまた前回同様の結果で、この日は専ら庭園巡りの一日でした。

カテゴリー: 寺社巡り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です